システムエンジニアの最も大きなやりがいは、ハードなスケジュールを乗り越えて、無事にリリースした時に感じるものだ。小さな喜びとしては、コーディングの修正を積み重ね、エラーが発生することなく稼働した時や、スケジュール通りに作業を推進できた時、納得のいくものができた時など、人によってそれぞれあるだろう。

ルーチンワークが多い業務と比較して、辛いことも多い反面、日々の仕事でやりがいを感じる機会に恵まれていると言え、それを感じるために努力をしているシステムエンジニアも多い。

次に、システムの保守運用の分野の場合、保守という言葉のせいか、表舞台に立つことはないと思われがちだが、大きな障害や原因不明のトラブルが突然起きることはしばしばある。そういった場面で、自分の知識や経験を総動員し、チーム内部で協力しあいながら、無事に解決できた時には、大きな達成感を感じるものだ。勿論、安定稼働するシステムを作り上げることが、最も正しい成果であるため、そこに最大のやりがいを感じる人も少なくない。

開発でもシステム担当でも、システムエンジニアの場合、自分が作ったものを利用する人の、生の声を聞く機会は、残念ながら多くはない。しかし、裏方であるとはいえ、日本国内で有名なインフラのシステムやソフトウェア等に携わるチャンスも多いため、そういった作業に携われたのだということに、人知れず、喜びを覚えていることも多いのだ。
☆システムエンジニアのやりがいについてもっと知りたければこちらをチェック